こだわり派のための自然素材住宅完全ガイド@名古屋

森林
HOME » 自然派住宅をたてる前に知っておきたい2つのコト » 使用する素材

使用する素材

無垢の家、珪藻土の家、壁に漆喰が施された家など、自然住宅で使われる素材について紹介しています。本物とニセモノ業者の見分け方についてもガイドします。

自然住宅で使われている建材資材

無垢材:集成材のように加工されたものではなく、純粋な一つの材料だけでできている木材。内装材として使用すると、木の肌触りや香りが楽しめる魅力も。
漆喰:消石灰に砂と糊などを混ぜ、ひび割れ防止のために麻などの繊維質を加えて水で練り上げた、日本独自の塗壁仕上げ。城や土蔵などに用いられている。
珪藻土:植物の藻が化石化した土を主原料とした土壁の一種で、主に壁材として使用される。吸湿、放湿性に優れ、結露予防・防カビに効果を発揮する。
ダイヤトーマス:アメリカで採掘できる、カルシウムと天然ミネラルを含んだ、化石「ケルザイム」を原料とした、健康塗り壁。調温・消臭作用があり、ボードの上から直接塗れるので低コスト。
壁紙の左官仕上げ:植物性の糊を使った100%再生パルプを原料とした左官材。
自然塗料仕上げ:植物成分と無害顔料成分でつくられた塗料。渋ガキの絞り汁を使った「柿渋」やミツバチの巣をを溶かして加工したツヤ出し材「蜜蝋(リボス)」、炭焼きの煙から取れる防腐剤「木酢液」、植物油を原料とするフローリング用塗料「オスモカラー」など、種類もさまざま。
シラス壁:植物性の糊を使った100%再生パルプを原料。

自然住宅で使われているのは、上記のような「天然」素材です。例え、柱が木であっても、合板のフローリングやクロス、合板ドアなどを寄せ集めた住宅では、天然の家とは言えません。

また、とことんこだわる会社は柱をはじめ、床、壁、天井、ドア、押入れなどの細部に至るまで自然素材にこだわっています。そして、断熱材に至るまでも自然素材で安全なものが使われているのです。

ただし、単に木を使っていれば安心できるのかというとそうではありません。住宅に使われる木は含水率が低い、硬く頑丈なものでないと後から変形したり、ヒビが入ってしまったりする恐れもあります。

床や柱に使われる木の種類やグレードについても事前によく確かめておくことが大切です。

なんちゃって自然派住宅にご用心!

実は、全国で自然素材を扱っている会社の中には、ニセモノの自然素材を使っている会社もあるのです。

例えば、シックハウスやアレルギーを抑制する効果があると言われる珪藻土や、塩化ビニル樹脂が入ったまがい物を、正々堂々と「珪藻土」と謳っているケースが。ほかにも、せっかく無垢のフローリングを使っているのにウレタン塗料で仕上げている会社もあるのです。

さらに悪質なケースとしては、無垢の柄を印刷した合板に塗料を塗って自然素材と謳っている業者もあるそうです。

塗料を塗ることで床が傷つきにくくなることは事実ですが、無垢材ならでは保湿効果や調湿効果が薄れてしまいますし、冬場はとても素足で過ごすことはできません。これでは、無垢のフローリングにした意味がないのです。

本物業者とニセモノ業者の見分け方とは?

では、本物の業者とニセモノの業者をどのように見極めれば良いのでしょうか。まずは、会社のホームページを見て、その会社が自然素材に対してどのようなポリシーを持っているか、使う素材について産地や加工の詳しい説明があるかなどを確かめてみましょう。

家づくりに誇りを持つ会社の場合は、「自然派住宅」に対する社長のメッセージが掲載されているはずです。

また、満足のいく自然素材住宅を建てたいのなら、住宅会社の言いなりにならないためにも自分自信で知識を集めることも大切です。

自然素材について書かれた本なども出版されているので参考にしてみてはいかがでしょうか。そして、ある程度の知識を得た上で見学に行き、自分自身の目で確認し、肌で触れ、本物を見極める目を養ってください。